光回線を契約する場合はキャンペーンもちょくちょくチェックしてみて!

ここのところ、光回線業者が高齢者の家を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなっています。
この事態を受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明白にしました。
ワイモバイルだとしても、期間の途中でやめる場合に、違約金が発生するのでしょうかきになるところです。
これは、ワイモバイルとの契約時のプランによって異なるようです。
契約内容によって2年や3年に満たない解約で9500円の解除料金を支払わなければならないのです。
契約する場合には、慎重にプランを選んだ方がよいでしょう。
引っ越しや速さの問題などでインターネット回線を変更するケースや新しく回線を申し込む時は、キャンペーン期間の間に申し込むとお得だと思います。
よく耳にするフレッツもキャンペーンを日常的にやっていますので、ちょくちょくチェックして探しておくといいのではないでしょうか。