フィットちゃんランドセルの評判は?口コミで人気なのは?

この前、来年の卵割に向けてランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の情報を調べると学習院モデルではしっかりとした箱型で耐久性が高く造られています。

アディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており他の製品との大きな違いとして挙げられる点は施されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?黒か赤のランドセルという方は多かったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、男子の場合は黒ベースのものが人気のようです。

他の人とデザインが被らないようにしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど結局いくらかかるの?という印象を持つ人もいます。

選択肢に幅があり質のいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算としては3万円以上にしておくとある程度の品質が保証されるイメージのようです。

実際に売れているのも3~5万円台が多いという調査結果もあります。

その中でもできるだけ安く入手したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない前年の型落ちのフィットちゃんランドセルやキャンセル品が定価に比べかなり安く買えます。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際にランドセル売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようと思ってもメーカーは数十社もあり、種類はその数倍もあるので何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造している天使のはねのセイバンやフィットちゃんのハシモトなんかは質が安定して高いです。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなってしまうランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

フィットちゃんのようなランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため素材の自体が撥水性や強度が高く6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着があるので捨てられず押入れに入れておくよりも進学した際に通学で定期券を入れるパスケースにしたり形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

本人が使うのも良し、親族にプレゼントするのもいいですね。

かと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

数年前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですがそのため、愛着があるので捨てることができず最近では財布やパスケースにリメイクするサービスの人気が上がっています。

子供が小学校を卒業した後に悩むのが夏が来て来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、通称「ラン活」が本格化する時期とも言われています。

売り場に行く前にネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルは45000円以上になっていたようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応が主流になり使う材料の量が増えていることや刺繍などデザインが複雑化していることなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

ここ数年、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は入学の1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られている製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物を確認しておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っている早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

年々、購入時期のピークが早まっている天使のはねやフィットちゃんといった人気メーカーのランドセルですが、2019年入学予定のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?

参考:フィットちゃん買いました!評判どおり?【口コミ感想は?】

最近ではデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルが口コミで評判で、受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

まだ購入されていない方向けに最新のトレンドを紹介します。

基本的なサイズとしてはA4フラットファイル対応サイズが売れ筋となっています。

男子向けのキーワードとして「スポーティで元気」からスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の龍宇高が落ち着きオーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

調査によると7月~10月が購入ピークとも言われていますが人気上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系やフィットちゃんなどのブランドランドセルを手に入れたい場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前なら体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなくここでいう軽さはランドセル単体の重量ではなく他にも万が一子供が壊してしまったときのための他にも6年間の修理保証がついているとここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが高学年になると趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるオーソドックスな黒赤、ブラウンといった色を選ぶ方が多いようです。

何年か前にタイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、贈られた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象のきっかけとなった人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と話しており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけにしてほしいというところだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活をするにあたって気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

市場には1万円台~と安価な製品もあるようですが市場には1万円台の製品もあるようですが6年間使い続けるということを考えると安いものだとなんとなく不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上の製品の方が丈夫で壊れにくいようです。